保育士の求人が多くある│将来のことを考えて保育士になろう

賃金に差がある

工場

一口に工場といっても、工場によって賃金が大きく変わってきます。また、仕事内容によっても賃金が大きく変わってくるのです。ちなみに1位が生産技術で、2位がドライバー補助です。そして3位が溶接だといわれています。1位の生産技術では、高い品質を保ちつつ商品を製造していくので、仕事としてはやや難しいといえます。また、生産ラインの見直しや悪い点の改善などをしていくのです。そうすることで、改善を繰り返し効率化を測っていきます。普通の工場で行なう仕事と比べると、単純ではなく少し難しいことから給料が高くなっているといえます。2位のドライバー補助は、トラックや荷物を運ぶ仕事です。トラックには大型や中型があります。ですから、ドライバーは大型トラックを乗るための資格を持っていなければいけません。しかし、ドライバー補助は、あくまでドライバーのサポート役なので、特に免許を必要としていません。補助作業といえば、荷物の配達などです。ドライバー補助やトラックの運転手は深刻な人材不足に陥っています。このことから、給料が高いと考えることができるのです。3位の溶接は、金属加工をすることをします。金属を特殊な道具を使い溶かしていきます。溶かした金属同士を接合させるのが主な仕事です。自動車や造船など、金属で作られる乗り物などでは、この溶接をする人は重宝されているのです。溶接する際は、火花などが散りますが、あの光は直接見てはいけないといわれています。直接見ると目に異常が起き、視力が低下してしまうのです。ですから、溶接の仕事をする際は気をつけましょう。